2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'08.31 (Sun)

ドッグホリスティック・セミナー

昨日(土曜日)、目黒にあるケーナイン・アンリミテッドにて

           ケーナイン建物
 
             ケーナイン

      ケーナインはワンコのしつけ教室を主催しています。

松江香史子先生の講座に参加してきました。

松江先生の紹介

             先生プロフィール
バランスドックマッサージ、Tタッチを教え、関連書籍も何冊か出版されています。

    体に触れることで落ち着きのある犬に育てよう 

          講座


内容は、まず、自分のワンコのくせ を見つける。

こういう行動をとる前にはいつもこういうことをしてからその行動が始まるとか… 

    (興奮してガーっと走り出す時、いつも右足をちょこっと上げてから走り出すとか

そういう時のワンコは目の前の物、事にしか集中していないので、体に意識を持ってこさせる! というお話でした。

参加している(私を含めて9人)方の飼っているワンコの写真を見ながら松江先生が解説してくれました。
クロ&チャマの写真を見ながら、背中が真っ直ぐでいい姿勢。だとか、耳が後ろにいっているからクロの方が恐がりだとか。
そういう時に、意識をしていないであろう体の部分をなでることで体に意識を持ってこさせましょう。ということだそうです。

老犬で足に力がなくなってきている場合は、足に(前足か後ろ足か両足か)その部分を撫で、シッポを撫で、肉球をなで、ホラ、君には足があるんだよ! という事をもう一度犬に認識(意識)させます。

恐がり、臆病、などで口をしっかり閉じてしまっている子には
口先とトントンと叩いて、口に意識を持たせます。口を開いたら口の中をさわったりしましょう。

他の部分んも同じようにすればいいようです。

撫でる(さわる)力はやさしく、話しかけながらワンコがリラックスするようにやりましょう。時間は嫌がるようなら少しずつ慣らしていき、気持ちよさそうならゆっくりやってあげればいいそうです。

9人の参加者の中に、ドッグスポーツジャーナル(雑誌)のカメラマンさんがいたので、多分その雑誌に今回のセミナーが掲載されると思います。

イヤイヤ遠いところまで出向いた甲斐がありました。とてもためになる講座に参加できてよかったです。

私がセミナーに参加中、ダンナと娘、チャマで駒沢公園に行ったりしてたようですが、写真があ~りません。
帰りに24時間テレビの武道館に寄ってみようと思ってたのに突然の豪雨で断念

        集中豪雨

 ワイパー全開でも前が見えない降り方でビビりました 集中豪雨1
せっかくチャマを連れてきたのに、ゆっくり遊ばせてあげられなくれ残念でした。

今回のセミナーの他に、いくつかセミナーに申し込んでいるので、その都度UPさせてもらいます。

今度はこの通信教育を受講しようかな?と思ってます。

        レメディー講座

        
スポンサーサイト
07:30  |  ペット  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。